スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"ラ・ピュセル"

ボカロオリジナルの歌ってみた系。
ジャンヌ・ダルクがモデルということで、確かにそれぽい。
歌ってる方は百華さん。




ラ・ピュセル
作詞:orange
作曲:Dios(シグナルP)
唄:巡音ルカ


燃え落ちる塔(Tour) 弔いの鐘
終わることはない 剣のDa Capo
白い百合踏み 赤い薔薇咲く         
荒れ果てた庭 1429(mille quatre cent vingt neuf)

無力の王太子(Charles) 暗愚の家臣
国の終焉(おわ)りに 為す術も持たず
嘆きの民と 最後の砦       
囲み笑うは異国の侵略者(Anglais)

歴史は 何時も 必然で
奇跡を けれど 人は求める
聴け少女よ 天使の声を(VOX ANGELLOLUM)

なぜ私? なぜ立てと? 問う言葉飮み込み
少女は 髪と涙落とす
この腕で 戦えと ただ声が 命ずる
私を呼ぶ 炎

男裝の騎士 神の道化師
戦い控え嘲笑(わら)った 騎士たちは(Chevalerie)
前行く旗に 励ます旗に
少女を愛し 剣を捧げた

嫉妬の王と(Charles) 惰弱の家臣
王位を得れば 少女(おもちゃ)は投げ捨て
憐れむ民は されど少女を
恩寵の日を 永遠に語り継ぐ

祖国を 護る 戦いに
騎士たちは(Chevalerie)集い 旗を見上げた
見よ少女よ あれが オレルアンだ(AURELIANUM)

火に撃たれ 引き裂かれ 焼きついた傷跡
泣き声は 上げても逃げない
声嗄らげ 旗掲げ 抗えるのならば
闇を照らせ 炎

神様 いつかは あの村に(Domrémy) 帰って
あなたに 愛され 木陰 眠れますか

血を流し 地に踏まれ 実もつけず 散る花
少女は ただ唇を噛む
踏み込んだ 庭の奧 茨に傷ついて
絡め囚われ

運命に 摘み取られ 萎れてく 百合なら
せめて人の 記憶飾りたい
見た夢が 未来図が 購えるのならば
私包め 炎
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伊澄

Author:伊澄
RO:Fenrir鯖(09.12月WES)
初めての方はCategoryからどうぞ

Favorite一覧等の一覧記事は
随時更新

更新履歴
12/3/16 TIPSにまり日誌を追加。

設置してみました。
ご意見ご要望日々のつぶやきに



人狼BBS(短期)も宣伝中です
興味のある方は是非ご一報を。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
時給計算機

狩り開始時Lv
Base % Job %
狩り終了時Lv
Base % Job %
時間

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。